ホーム » 民泊代行 » 外国人が殺到!airbnbホームに駆けつける日も近い!?

外国人が殺到!airbnbホームに駆けつける日も近い!?

団塊の世代とは、1947年から1949年の間に生まれた人々を指します。戦後日本の高度経済成長期を支えてきたこの世代は、2007年から順に定年となり、現在は65歳を迎えた高齢者となっています。airbnb代行の世代の特徴としては、自営業や農業従事者等よりも企業に終身雇用された人の割合が高く、核家族世帯が多いことです。彼らは一斉に定年退職を迎え、年金を受け取り、現在は比較的元気で裕福な生活を送っています。

大阪で介護できる環境

しかし団塊の世代が後期高齢者になる2025年には、75歳以上の代行は全人口の4人に1人という時代に突入します。核家族で生活してきたこの世代の独居高齢者や高齢者夫婦の世帯が今以上に増加することは明らかです。介護が必要になった場合、その受け皿になるのは老人ホームですが、施設の数はまだ足りていないと言われています。需要に対して供給が足りないため、特に公的な介護施設である特別養護老人ホームに入れない待機老人が増えているのです。圧倒的な数である団塊の世代が希望通り老人ホームに入れるように、国や自治体は、老人ホームの数を増やし、人材を確保し、内容の充実を図るなどの対策を練らなくてはならないでしょう。

それと同時に、団塊の世代の人々が、今からairbnbを積極的に社会と関わり、体力を維持し、認知症予防に努めることができる仕組みを作るなどして、後期高齢者となっても健康でいられるように社会全体で備えていく必要があるでしょう。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


九 − 6 =

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031