ホーム » 八尾 » 老人同士で話すと仲が深まる!コミュニケーションが大切な理由

老人同士で話すと仲が深まる!コミュニケーションが大切な理由

老人ホームで老人同士のコミュニケーションが大事になってくるのは単に老人達の生きがいを感じてもらうというのが大事というだけでなく、大阪の八尾などの老人ホームで老人同士のコミュニケーションを深める事で孤独感をあまり感じさせないという狙いがあります。

では、どうして老人同士のコミュニケーションで孤独感を感じさせない事に意味があるのかというと、それは老人だろうが若者だろうが孤独は人を空っぽにするからです。

それが脳の機能が低下している老人なら余計に孤独感を感じさせて空っぽの状態にしてはいけないからです。

老人の笑顔

もし、老人ホームに入らないといけないくらいの状態の老人が
まともにコミュニケーションを取らずにいたら認知症の症状が一気に進行してしまうからです。

ですから、老人ホームで老人同士で会会話をして仲を深めるのはかなり大きな意味があります。

でも、意外とその事が分かっていない人が多いのも事実です。
それはどういう事かというと、多くの人は老人ホームに入所するくらい日常生活に支障が出るようになった老人にコミュニケーションを取らせたところであまり意味がないと思っているからです。

ですが、実際はそういう事はなくてそういう人こそコミュニケーションが大事で認知症の進行を遅らせる効果もありとても重要です。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


六 + 5 =

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031